禁煙ファッショ 禁煙の押しつけは反民主主義

個人宅まで喫煙禁止にする国も事実登場していますが、こうなると禁煙ファッショだといえるでしょう。先ほどのイルカやクジラの話と同じになりそうです。「君の健康を害するからたばこは吸うな」という意味です。「馬鹿になるからマンガは読むな」にも少し近いと思います。個人宅まで踏み込むとそう考えざるを得なくなります。


禁煙ファッショ 禁煙の押しつけは反民主主義

禁煙の拡大
世界の禁煙状況
思想の押し付け
たばこ増税の矛盾
押しつけは反民主主義


スポンサードリンク
 禁煙ファッショ 禁煙の押しつけは反民主主義
 禁煙の拡大

最近、禁煙ファッショという言葉が飛び交うようになってきました。もともとファッショとは団結のことで、ナショナリズムによって世代や身分を超えた集団の団結を行い、ある目的に対して状況の打開を進めていくのがファシズムです。


禁煙ファッショというのはちょっと大げさな気もするのですが、喫煙者にとって、昨今の禁煙ブームは何か危機的なイメージを抱かせるのかもしれません。確かに禁煙の場所は異常な位、急速に増加しており、政府の定める法令も増えています。その代表が路上喫煙禁止条例で、外なのにたばこを吸えない地域がどんどん設定されています。


健康増進法は受動喫煙の防止に関する条例です。それ以外にも未成年者喫煙禁止法では親や監督者,販売者に対する罰則もあります。喫煙が禁止される場所としては飲食店や交通機関がまず禁止になり、次にオフィスなど職場、路上などの公共の場が禁止になりました。


これには個別の方針として決定されている場合と、嫌煙権によって法律で定められている場合とがあります。過去の歴史を紐解けば、古くから世界各地で禁煙というのはあったわけですが、近年での禁煙思想はアメリカが発端となっているようです。


アメリカではアリゾナ州が1973年に公共の場所での喫煙を制限する法律をつくったのが皮切りで以後、その勢いはどんどん広がり、現在アメリカ国内では殆どたばこを吸える場所は無くなっています。



 
 禁煙ファッショ 禁煙の押しつけは反民主主義
  禁煙の拡大

  世界の禁煙状況

  思想の押し付け

  たばこ増税の矛盾

  押しつけは反民主主義
 

Copyright (C) 2009 禁煙ファッショ 禁煙の押しつけは反民主主義 All Rights Reserved.
 

デトックスフットバス池袋 | チャイルドシートの口コミ | チャイルドシートのブランド | チャイルドシートの選び方と活用法
ハイドロキノンについて | ヘミシンク | スピリチュアル | 金銭トラブル | アミノ酸 | 風水 インテリア | 風水 間取り